TIPS

相続はいつ開始し、誰が相続人になるのか?

 相続とは、被相続人の死亡によりその者の有した財産上の一切の権利義務を特定の者に承継させることをいいます。ただし、被相続人の一身に専属したもの(各種資格や恩給、生活保護を受ける権利など)は、この限りではありません。

 相続は、被相続人が死亡したときに、被相続人の住所において開始します。

 では、誰が相続するのでしょうか。遺言があれば、その意思に従った形式となり、遺言がない場合には、法律によって相続人の範囲が定まります。遺言さえあれば、遺贈により法律上の相続人ではない人物に対して、自己の財産を譲り渡すことが出来るのです。

 しかし、遺言があっても遺留分などの制限があるため、被相続人の完全な自由とはなりませんので注意が必要です。この遺留分については、また別の機会にお話しさせていただきます。

 相続人の範囲と相続分は以下のようなります。

相続順位  相続人 法定相続分 配偶者の相続分
第一順位   子 二分の一  二分の一
第二順位 直系尊属 三分の一  三分の二
第三順位 兄弟姉妹 四分の一  四分の三

 被相続人の配偶者は常に相続人となります。また、第一から第三順位の相続人がいない場合は、配偶者は単独で相続人となります。

 実際の相続の現場においては、法定相続分とは異なった形で、各自に分配される財産の内容や金額などを決めることが通常となります。これが遺産分割であり、ここで行われる話し合いを遺産分割協議と言います。