TIPS

親より先に子供が死亡したらどうなるの?

 Aさんには2人の息子B雄とC郎、1人の孫B雄さんの息子D輔がいます。Aさんはすべての財産を長男であるB雄さんの家系に残したいと思い、遺言で「B雄さんに全財産を相続させる」旨をしたためました。さて、ここでB雄さんがAさんより先に死亡し、遺言を変更しないままAさんが死亡した場合、どのようになるでしょうか?Aさんの望み通り、B雄さんを代襲相続したD輔さんに全ての財産が残せるでしょうか。
 残念ながらこのままではいけません。B雄さんが亡くなったあとに遺言を変更するか、最初に遺言を作成した時点で「D輔さんに代襲相続させる」旨を明記しなければなりません。手間を省く意味でも、お勧めはやはり最初の時点で遺言書に明記する方法です。以下の様にすれば、問題ないでしょう。

第1条 遺言者●●は、本遺言の効力発生時(遺言者の死亡時)において、遺言者の有する一切の不動産を、遺言者の長男■■(昭和○○年○月○日生)に相続させる。

第2条 万が一、遺言者より前に又は遺言者と同時に長男■■が死亡していた場合、遺言者は前条の不動産を遺言者の孫(■■の長男)▲▲(昭和○○年○月○日生)に相続させる。

第3条 遺言者は、本遺言の遺言執行者として、長男■■を指定する。
2 長男■■が死亡しているときには、本遺言の遺言執行者として、孫(■■の長男)▲▲を指定する。

 遺言は遺言者の意思によりさまざまなケースが想定されます。遺言書に書かれていない内容を、残された人が勝手に判断してはならないということでしょうね。孫に相続させるよりは、二男に相続させたいと考える場合もあるでしょうから。以下、参考の民法887条と最高裁判所の判決です。

887条 被相続人の子は、相続人となる。
2 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
3 前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

平成23年02月22日 最高裁判所第三小法廷 判決
「相続させる」旨の遺言により遺産を相続させるものとされた推定相続人が遺言者の死亡以前に死亡した場合における当該遺言の効力